OPTiM Corp.
株式会社オプティム
世界のデファクトスタンダードをつくる
その想いを実現するための人材採用
佐賀大学発ベンチャーとして創業。生活インフラであるインターネットを「あらゆる人が空気のように使いこなせる存在に変えていくこと」をミッションに、農業・水産・建設・医療など、従来からある様々な分野において、IT技術活用による産業のあり方そのものを変革すべく、様々なサービスを創造している。
金森 大悟
経営企画本部
ヒューマンリソースチーム マネージャー
大西 範知
インダストリー事業部 マネージャー
ご利用企業様 インタビュー
INTERVIEW
社会課題を解決し、
日本の産業をより持続可能なものへ

私たちは自らのミッション実現にむけ、農業・医療・水産・製造といった、特に社会課題を抱える分野でのサービス開発に注力しています。例えば日本の農業においては、高齢化による担い手の減少、所得の低下、ノウハウの暗黙知化といった問題が顕在化してきています。

当社ではAI・IoT・ビッグデータを活用した生産管理や、ドローンでのピンポイント農薬散布、さらにブロックチェーンでの販売ルートの構築といったように、技術活用による作業負担の軽減や、生産性・品質の向上をはかり、“楽しく、かっこよく、稼げる農業”の実現に向けてサービス開発を続けています。

私たちが目指すのは、今までローテクだった産業を、ハイテク化させることで、産業が持続可能性を持つための仕組みづくりなのです。

本当に重要なことは、
「技術を活用」していけること

私たちの事業において、エンジニアはなくてはならない存在です。現状でも社員の約8割がエンジニアです。しかしながら、私たちのミッションは技術力だけで成し得ることができるものではないと思っています。

「技術を用いてプロダクトをつくる」だけではなく、「技術をどう活用するか」が重要です。当社では年々、エンジニアだけでなく、農家様などユーザー様からの課題抽出を行う営業職や、製品の企画職・サポート職といった技術領域以外の人材の必要性が増えてきています。

他職種に渡る人材需要の高まりは、まさに私たちのビジネスが技術活用へシフトしてきているからだと思います。

「事業・サービスづくりや新しいものが好き」
個性的で賑やかなメンバーたち

当社で活躍する人材は、システムインテグレーターやコンサルティングファーム、大学で農業を学んでいた方など出身は様々です。ですが、創業当時から変わらず「技術が好きで、事業・会社への興味が強いこと」を採用人物像の基準においていることもあり、新しいモノやサービスをつくることが好きで、「ここなら新しいことができる」と思って入社してくる人が多いですね。

彼らはユーザー目線で価値・サービスの提供を愚直に諦めない。なんていうと固そうに聞こえますが、明るく面白い人が多く、多趣味な人も多いですね。あと、とにかくみんなよく喋る(笑)

コミュニケーションは盛んだと思います。おかげさまで業績も順調に伸びてきているので、良い人がいたらどんどん採用したいというのが正直な気持ちです。

採用には自分たちからのアクションが必要。
アイムファクトリーはそのための仲間

「なぜ採用をするのか」それは自分たちがやりたい事を実現させるためにほかなりません。だから会社のメンバーは自分たちでも積極的に採用活動に参加しています。外部セミナーでの登壇やイベントへの参加など、表に立つこともだいぶ増えました。

そのような当社の取り組みの中で、アイムファクトリーは、色々な企画や提案を出してもらえています。担当者が企業を理解しようとしてくれているのが伝わりますね。だから私たちも企画や提案に応えられる。結局採用は人と人。求職者の方とも、エージェントともそれは変わりません。

互いの相乗効果でより魅力的な人材との出会いを、これからも一緒に追いかけていきたいですね。